子ども手当 概要

子ども手当の概要

ここでは、子ども手当の概要をわかりやすく説明しています。
何がメリットでデメリットなのか、また子供手当は本当に子どもたちのために活かされるのかなどいろいろな面から書いていますので、参考にしていただければ幸いです。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当の概要エントリー一覧

子ども手当とは?
政権交代を実現させたとも言える民主党のマニフェストの一つである「子ども手当」について詳しくご説明します。子育て中の家庭には最も関心があるであろう「子ども手当」ですが、どのくらいの人が正しい知識を得ているのでしょうか?我が家にも3人の小さい子供がいるので、今回の選挙は非常に大きな関心を寄せており、実際に投票もしました。今まで選挙に興味がなかった人も、今回の選挙では投票に行ったという人も少なくないのではないでしょうか。では、民主党が掲げる最大のマニフェスト「子ども手当」について詳しく見ていきましょう...
子ども手当の支給開始時期
前項の「子ども手当とは?」でも少し触れていますが、子育て中の主婦にとって非常に関心があるのが、子ども手当の開始時期ですよね。ここでは、子ども手当の開始時期についてご紹介しますので、少しでもお役に立てれば幸いです。民主党が掲げる最大のマニフェストである「子ども手当」が、本当に開始されるのかどうか半信半疑の人もいるのではないでしょうか?小さい子供がいる家庭では「子ども手当」に期待をして、民主党に票を投じた人も少なくないと思いますが、実際に実現されるのかどうか、また実現されるのであればいつからなのか、...
子ども手当と児童手当の比較
子育て中の主婦にとって今や最大の関心事の一つである「子ども手当」ですが、現行の児童手当との違いをご存知の方はどのくらいいるのでしょうか?ここでは、現行の児童手当とこれから開始予定の「子ども手当」を比較していますので、参考にしていただければ幸いです。まず、支給対象となる子供の年齢についてです。現行の児童手当は、支給対象は0歳から小学校修了までの児童です。それに対し、民主党が掲げる「子ども手当」は、0歳から中学校修了までとなっています。3年も支給年数が増えるのは、家計にとって非常に嬉しいですね。次に...
子ども手当のメリット
子育て世帯では、「子ども手当」の支給開始を今か今かと待ち望んでいますね。我が家にも小さい子供が3人いますので、その気持ちはよくわかります。そこでここでは、「子ども手当」のメリットをご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。「子ども手当」の最大のメリットは、子育て費用の負担が軽減されることです。子供を産んで育てるにはお金がかかります。現行の児童手当もそういう目的で支給されていますが、3歳未満月額1万円、3歳以上小学校修了まで月額5千円ではとてもじゃないけど足りません。特に保育所や...
子ども手当のデメリット
「子ども手当」の支給開始が2010年6月に予定されていますが、それに伴い財源の確保が困難を極めているようです。「子ども手当」の支給額などメリット面ばかりが取りだたされていますが、様々な控除が廃止されたり、増税になったりするなどデメリットもあります。ここでは特に「子ども手当」のデメリットについてご説明しますので、参考にしていただければ幸いです。「子ども手当」の最大のデメリットは、その財源の確保のために扶養控除や配偶者控除が廃止される可能性が高いことです。それによって増税され、手取り額が減少される世...
子ども手当は本当に必要か?
2010年6月に支給開始が予定されている「子ども手当」ですが、子ども手当は本当に必要なのでしょうか?ここでは、様々な論議を呼んでいる「子ども手当」が本当に私たちに必要なのかどうか考えてみたいと思います。「子ども手当」の支給が2010年6月に開始される予定です。中学生以下の子供を持つ家庭では、今か今かと待ち望んでいることと思います。事実我が家にも小さい子供が3人いますので、「子ども手当」の支給は正直に言ってありがたいと思います。しかしその反面、「子ども手当」に反対している人もたくさんいます。その理...
子ども手当を現金で支給することへのデメリット
これから支給開始を予定している「子ども手当」ですが、子育て中の家庭には非常に嬉しい反面、現金で支給されることへの懸念もされています。では、「子ども手当」が現金で支給されることへのデメリットをいくつかご紹介します。まず、「子ども手当」の支給の目的は、次代の社会を担う子供の成長及び発達に資することです。つまり、「子ども手当」は子供のために使ってくださいということです。それを踏まえて子ども手当を現金で支給することへのデメリットをすこしお話させていただきます。我が家には小さい子供が3人いるので、現金で支...

子ども手当関連情報