子ども手当 現金

子ども手当を現金で支給することへのデメリット

これから支給開始を予定している「子ども手当」ですが、子育て中の家庭には非常に嬉しい反面、現金で支給されることへの懸念もされています。

では、「子ども手当」が現金で支給されることへのデメリットをいくつかご紹介します。


まず、「子ども手当」の支給の目的は、次代の社会を担う子供の成長及び発達に資することです。
つまり、「子ども手当」は子供のために使ってくださいということです。

それを踏まえて子ども手当を現金で支給することへのデメリットをすこしお話させていただきます。


我が家には小さい子供が3人いるので、現金で支給される子ども手当は正直言ってありがたいですし、家計にとっても嬉しいものです。

しかし、支給された子ども手当を、全額子供の教育費など子供のために使う人はどのくらいいるのでしょうか?

中には、もらった子ども手当を自分の趣味などに費やす保護者もいるのではないでしょうか?
懸念されているのでそこです。

保護者が支給された子ども手当を全額子供のために使っているかどうか状況を把握することはできません。

中には、借金の返済や物品の購入などに使う人もでてくるでしょう。

確かに子供を育てるのにはお金がかかりますので、子育て世帯にとって子ども手当は非常に嬉しいものです。
子供がいない世帯に比べて教育費や洋服代、医療費などあらゆることにお金がかかります。

私個人の意見としては、子供の教育費に使わなかったとしても子供にかかるお金を子ども手当で賄うことができれば、それはそれで子ども手当が生かされていると思います。

ただ、中にはギャンブルなど自分の私利私欲のために子ども手当を使う保護者が出てくる可能性があるということです。

したがって私は、子ども手当が現金支給以外にも、保育園や幼稚園の保育料を無料にすることや小学校や中学校の給食費無料などのように違った形での、子育て世帯への支援であっても良いのではないかと思います。

いずれにせよ、子ども手当の支給開始はほぼ決まっているので、受け取る保護者の方にはぜひ、子供のために使ってほしいと思います。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報