子ども手当 児童手当

子ども手当と児童手当の比較

子育て中の主婦にとって今や最大の関心事の一つである「子ども手当」ですが、現行の児童手当との違いをご存知の方はどのくらいいるのでしょうか?

ここでは、現行の児童手当とこれから開始予定の「子ども手当」を比較していますので、参考にしていただければ幸いです。


まず、支給対象となる子供の年齢についてです。

現行の児童手当は、支給対象は0歳から小学校修了までの児童です。
それに対し、民主党が掲げる「子ども手当」は、0歳から中学校修了までとなっています。
3年も支給年数が増えるのは、家計にとって非常に嬉しいですね。


次に支給額ですが、児童手当が0〜3歳未満が月額1万円、3歳〜小学校修了までが第1子と第2子が月額五千円、第3子以降が月額一万円です。
中学生はありません。

子ども手当は、出生順位に関わらず皆同額の月額2万6千円です。
そして現行の児童手当には保護者の所得制限が設けられています。

例えば夫婦2人、子供2人の世帯では、被用者860万円、非被用者780万円の所得制限があり、それ以上の高額所得者には、児童手当が支給されません。

それに対し「子ども手当」では、所得制限を設けていないので全ての子供に同額支給されます。


児童手当に関する費用の負担が、自営業やサラリーマン、公務員など保護者の職業や子供の年齢によってバラバラで複雑なのに対し、「子ども手当」では、全額が国庫負担になります。


このように現行の児童手当と「子ども手当」についての違いを挙げましたが、参考になりましたでしょうか?

私個人の意見としては、「子ども手当」の支給が開始されると子育て中の家庭にとっては嬉しいですが、中学生以上の子供を持つ家庭へもなんらかの具体的な支援策を考えていただきたいと思います。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報