子ども手当 デメリット

子ども手当のデメリット

「子ども手当」の支給開始が2010年6月に予定されていますが、それに伴い財源の確保が困難を極めているようです。

「子ども手当」の支給額などメリット面ばかりが取りだたされていますが、様々な控除が廃止されたり、増税になったりするなどデメリットもあります。

ここでは特に「子ども手当」のデメリットについてご説明しますので、参考にしていただければ幸いです。


「子ども手当」の最大のデメリットは、その財源の確保のために扶養控除や配偶者控除が廃止される可能性が高いことです。
それによって増税され、手取り額が減少される世帯がでてくるのです。


その次に、予定されていた「子育て応援手当」の廃止決定があります。
これも「子ども手当」の財源に充てるためであり、対象となっていた家庭ではがっかりしていることと思います。
そして、その他のデメリットとして所得格差が広がる可能性があることです。
税負担から見ると低所得者が有利になる可能性ががあるので、一見メリットのようにも見えますが、その反面、中所得者層の税負担が大きくなり「子ども手当」の恩恵が一番小さくなるのです。

その上、所得制限を設けていないので、高額所得者にも支給されることになり、高収入の家庭がより潤うことになり、世帯間格差が懸念されています。


そして、「子ども手当」にはかなりのお金がかかります。
その財源の確保のために増税になる可能性が高くなります。


このように「子ども手当」の支給対象になっている人は、メリットだけでなくデメリットの部分もよく知っておいてください。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報