子ども手当 メリット

子ども手当のメリット

子育て世帯では、「子ども手当」の支給開始を今か今かと待ち望んでいますね。

我が家にも小さい子供が3人いますので、その気持ちはよくわかります。

そこでここでは、「子ども手当」のメリットをご紹介したいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

「子ども手当」の最大のメリットは、子育て費用の負担が軽減されることです。

子供を産んで育てるにはお金がかかります。
現行の児童手当もそういう目的で支給されていますが、3歳未満月額1万円、3歳以上小学校修了まで月額5千円ではとてもじゃないけど足りません。

特に保育所や幼稚園の保育料は高く、現行の児童手当では全く足りません。
そういう面から見ても月額2万6千円の「子ども手当」は、子育てにかかる費用の負担がかなり軽減されると思います。
そして、子供を産んで育てるにはたくさんのお金がかかりますので、出産をためらうひともいると思います。
「子供は欲しいけど経済的に一人しか無理」という人が、「子ども手当」の支給開始によって出産することを前向きに考えるようになるというメリットもあります。

家計の負担を理由に出産をためらっている人の背中を押し、少子化に歯止めをかけようというものです。


さらに「子ども手当」が支給されることによって、子供の教育の幅が広がるというメリットもあります。
経済的な理由によって、様々な習い事をさせられなかった家庭でも「子ども手当」の支給によって、子供の可能性を伸ばしてあげられるのです。

親の収入によって変わる子供の教育機会を、どの子にも平等に与えてあげられるメリットもあるのです。


このように「子ども手当」は子供を産んで育てやすくしようという思いが込められていますので、支給が開始されたらぜひ、お子さんのために使ってあげて下さいね。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報