子ども手当 必要

子ども手当は本当に必要か?

2010年6月に支給開始が予定されている「子ども手当」ですが、子ども手当は本当に必要なのでしょうか?

ここでは、様々な論議を呼んでいる「子ども手当」が本当に私たちに必要なのかどうか考えてみたいと思います。


「子ども手当」の支給が2010年6月に開始される予定です。
中学生以下の子供を持つ家庭では、今か今かと待ち望んでいることと思います。

事実我が家にも小さい子供が3人いますので、「子ども手当」の支給は正直に言ってありがたいと思います。

しかしその反面、「子ども手当」に反対している人もたくさんいます。

その理由として、「子ども手当」が本当に子供のために使われるかどうか状況が把握できない、所得制限を設けるべき、財源の確保が難しい、増税になる、子供がいない家庭との不公平感など様々な理由が挙げられます。
確かに、「子ども手当」の支給額ばかりが取り上げられて、その裏に隠れている大増税に気がつかない人も多くいるのには問題があると思います。

そもそも次世代を担う子供のための「子ども手当」ですが、現金で支給されて嬉しいのは親ばかりです。

本当に子供のために使おうとするならば、子供の医療費無料や保育料の無料化など他の方法での子育て支援であってもよいはずです。

そして忘れてならないのが、子供が欲しくてもできない人もいるということです。
「子ども手当」の目的の一つである少子化の歯止めを本当に考えるならば、「子ども手当」を実際に子供がいる家庭のみでなく、不妊治療をしている人にも支給するほうがいいのではないでしょうか?

出産しやすい環境を整えることにも「子ども手当」を使ってほしいと思います。
そして、「子ども手当」の支給対象外の人に大増税など大きな負担がかからないように公平な状況での支給を目指してもらいたいと思います。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報