子ども手当 支給開始時期

子ども手当の支給開始時期

前項の「子ども手当とは?」でも少し触れていますが、子育て中の主婦にとって非常に関心があるのが、子ども手当の開始時期ですよね。

ここでは、子ども手当の開始時期についてご紹介しますので、少しでもお役に立てれば幸いです。


民主党が掲げる最大のマニフェストである「子ども手当」が、本当に開始されるのかどうか半信半疑の人もいるのではないでしょうか?

小さい子供がいる家庭では「子ども手当」に期待をして、民主党に票を投じた人も少なくないと思いますが、実際に実現されるのかどうか、また実現されるのであればいつからなのか、知りたいですよね。


民主党によれば、原案では2012年度からだった「子ども手当」全額支給の開始時期を1年前倒しして2011年度から開始する方針を固めたようです。

それに先駆けて、2010年度は半額の月額1万3千円が支給されます。

支給開始時期は、2010年4月からで、第一回目の支給は6月後半に予定されています。
子ども手当は、年4回に分割支給される予定ですが、あくまで予定であり、中には現行の児童手当と同じ支給月なら事務手続きがしやすいという意見もあり、まだ本決まりではないようです。

しかし民主党は、最大のマニフェストである「子ども手当」を少しでも早く開始しなければ、国民の理解が得られず、次の選挙にも影響を及ぼすことを懸念しているはずです。
したがって、先日「子ども手当」に関する報道にあったように、2010年6月から支給を開始されるというのは、信憑性が高く、信用できるのはないでしょうか?


私個人の意見としては、国が決める法律や政令などは非常に時間がかかるので、もう少し迅速に事が運ぶといいのに、と常に思います。

特に急を要する産婦人科医不足や医療体制の強化にももっと力を入れてもらうと、もっと子供を産んで育てやすい環境が整うのではないでしょうか。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報