子ども手当 影響

子ども手当が与える影響とは?

子ども手当の支給開始によって良い面ばかりが目立ちますが、それによって各方面に様々な影響をもたらせていることをご存知ですか?
子ども手当の支給によって得する人ばかりではありません。
中には手取り額が減り、損する人もいるのです。
ここでは、子ども手当が与える影響を様々な観点からご説明していますので、参考にしていただければ幸いです。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当が与える影響とは?エントリー一覧

子ども手当支給で得する人
「子ども手当」の支給が始まりますが、それによって得する人ばかりではありません。同じ子育て世帯でも、子供の年齢によって、「子ども手当」の支給開始に伴い得する人と損する人が出てきます。ここでは、「子ども手当」によって得する人に焦点を当ててご説明したいと思います。「子ども手当」で得する人とは、簡単に言うと中学生以下の子供がいる家庭です。「子ども手当」は、0歳から中学校修了まで月額2万6千円支給されるので、中学生以下の子供を持つ家庭では、収入アップが見込めます。「子ども手当」の支給に伴い、現行の児童手当...
子ども手当支給で損する人
民主党圧勝となった理由の一つである「子ども手当」ですが、子供がいる家庭の全てに支給されるわけではないので、喜んでいる人がいる反面、反対している人がいるのも事実です。「子ども手当」の支給で収入増になる人ばかりではなく、損する人もいることをご存知でしょうか?では、どういう家族構成の人が「子ども手当」の支給によって損するのか詳しく見ていきたいと思います。まず、専業主婦で子供がいない世帯では、配偶者控除の廃止によって増税になり、手取り額が減少します。これから子供を望んでいる家庭には、この増税による影響は...
子ども手当と所得制限
「子ども手当」の支給開始が2010年6月にほぼ決まっていますが、支給対象が全世帯の中学生以下の子供となっています。つまり、現行の児童手当では支給対象外だった高額所得者にも一律に支給されるということです。ここでは、「子ども手当」と所得制限についてみていきますので、参考にしていただければ幸いです。「子ども手当」の支給対象は中学生以下の子供に一律に支給されます。今のところ所得制限を設けないという方針のため、今までは児童手当が支給されなかった高額所得者にも支給されることになります。それによって、高額所得...
子ども手当と子育て応援特別手当の関係
「子ども手当」の支給が2010年6月に開始される予定ですが、その開始に伴って廃止されたものがあります。「子育て応援特別手当」という言葉を聞いたことがありますか?私がこの制度を知った時の印象は「不公平」でした。「子育て応援特別手当」とは、多子世帯の子育て負担に対する配慮として第2子以降の児童について、一人当たり3万6千円を支給するというものです。ただし、支給対象は平成14年4月2日から平成17年4月1日までの間に生まれた第2子以降の児童です。この間に生まれた子供を持つ親にしてみれば臨時収入というべ...
子ども手当と扶養控除について
「子ども手当」の支給開始によって、扶養控除が廃止される方向で話が進んでいます。「子ども手当」の財源を確保するのがその目的ですが、それによって家計はどう変わるのでしょうか?そもそも扶養控除とは、所得税及び個人住民税において納税者に扶養親族がいる者にその者の所得金額から一定の所得控除を行なうものです。日本では所得税法第84条及び地方税法第314条の2により所得控除であり、人的控除です。一般の扶養親族の場合、控除額は38万円です。その扶養控除が「子ども手当」の財源を確保するために廃止しようというのです...

子ども手当関連情報