子ども手当 得

子ども手当支給で得する人

「子ども手当」の支給が始まりますが、それによって得する人ばかりではありません。
同じ子育て世帯でも、子供の年齢によって、「子ども手当」の支給開始に伴い得する人と損する人が出てきます。

ここでは、「子ども手当」によって得する人に焦点を当ててご説明したいと思います。


「子ども手当」で得する人とは、簡単に言うと中学生以下の子供がいる家庭です。

「子ども手当」は、0歳から中学校修了まで月額2万6千円支給されるので、中学生以下の子供を持つ家庭では、収入アップが見込めます

「子ども手当」の支給に伴い、現行の児童手当は廃止されますが、児童手当は3歳未満は月額1万円、3歳以上小学校修了まで月額5千円ですので、例え児童手当が廃止されたとしても大幅に収入がアップします。


そしてさらに「子ども手当」の財源の確保のために、配偶者控除や扶養控除が廃止されることによって、増税される家庭が出てきます。
そのため支給された「子ども手当」が丸々収入増につながるかというとそうでもないのです。

では、どういう世帯が最も得するのでしょうか?
「子ども手当」の支給によって、最も得するのが共働きの中学生がいる世帯です。
中学生は児童手当の対象外であり、もらえなかったのが、「子ども手当」の支給開始によって月額2万6千円がもらえるようになります。


共働き世帯(配偶者控除を超えて働いている場合)は、配偶者控除の廃止による増税の影響を受けないので、共働きで中学生以下の子供がいる家庭では、「子ども手当」の支給によって得します。

そして当然子供の数によって得するお金の額が変わってきます。
子供の数が多ければ多いほど収入増になるわけです。


また、「子ども手当」の支給に伴い、高額所得者も収入がアップします。

例えば、年収1000万円の家庭では、児童手当の対象外だったのが、所得制限を設けない「子ども手当」は支給されるので、その恩恵は大きくなります。


これによって、民主党は少子化に歯止めをかけようというわけですが、そううまくいくかどうかは神のみぞ知る!ですね。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報