子ども手当 シュミレーション

子ども手当のシュミレーション【子供一人】

子ども手当のシュミレーション【子供一人】「子ども手当」の支給が始まる予定ですが、実際にはどのくらいの収入の増減があるのかシュミレーションしてみたいと思います。


まず、専業主婦で小学生の子供が一人いる年収300万円程度の世帯でのシュミレーションです。

この場合、2010年度は児童手当廃止されマイナス6万円、子ども手当が2010年度は半額なのでプラス15万6千円で収支計はプラス9万6千円になります。
初年度は配偶者控除と扶養者控除廃止の影響を受けないので、この額になります。

2011年度は、配偶者控除と扶養者控除が廃止されるとそれぞれ3万8千円のマイナスになり、児童手当のマイナス6万円、子ども手当がプラス31万2千円なので、収支計はプラス17万6千円となります。
次に専業主婦で高校生の子供が一人いる年収300万円程度の世帯でのシュミレーションです。

高校生は児童手当も子ども手当の影響も全く受けないので、収支計は0になります。
初年度は配偶者控除と扶養者控除の廃止の影響も受けません。

2011年度ですが、配偶者控除廃止により3万8千円のマイナスになりますが、高校の無料化に伴いプラス12万円になり、収支計はプラス8万2千円になります。
私立高校の場合は倍の24万円がプラスになるので、さらにプラスになると思われます。


共働き世帯の場合を見てみましょう。

上記と同じ条件での共働き世帯では、初年度は全く同じで収支計はプラス9万6千円です。

2011年度は、配偶者控除廃止の影響は受けないので、扶養者控除廃止のマイナス3万8千円と児童手当廃止のマイナス6万円、子ども手当でプラス31万2千円なので、収支計はプラス21万4千円になります。


子供が高校生の場合は、何の影響も受けないので初年度はプラスマイナス0で、2011年度は高校無料化によってプラスされる12万円がそのまま収支計になります。


例をあげて子ども手当の開始による収支計を、子供が一人の世帯のシュミレーションをしてみました。
参考にしていただけると幸いです。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報