子ども手当 シュミレーション

子ども手当のシュミレーション【子供2人(中学生以下)】

子ども手当のシュミレーション【子供2人(中学生以下)】ここでは、中学生以下の子供が二人いる世帯での「子ども手当」の支給による収支計をシュミレーションしてみたいと思いますので、参考にしていただければ幸いです。


年収300万円程度の専業主婦で小学生の子供2人の世帯についてみてみましょう。

2010年度は、児童手当廃止によってマイナス12万円になりますが、子ども手当でプラス31万2千円になり、収支計はプラス19万2千円です。

次年度は、配偶者控除廃止によってマイナス3万8千円、扶養者控除廃止によってマイナス7万6千円、児童手当廃止でマイナス12万円、子ども手当でプラス62万4千円ですので、収支計は39万円になります。


では同じ条件で年収が500万円程度の世帯ではどうでしょうか?

2010年度は全く同じで収支計は19万2千円になります。

2011年ですが、配偶者控除廃止に伴うマイナスや児童手当によるマイナスは同じですが、扶養者控除廃止によってマイナスが15万2千円と大きく異なり、子ども手当によってプラス62万4千円となりますが、収支計は27万6千円となります。
次に年収300万円程度の共働きで小学生の子供2人の世帯を見てみましょう。

初年度は上記と同じで収支計はプラス19万2千円です。

2011年度は配偶者控除廃止の影響は受けず、扶養者控除廃止によるマイナス7万6千円、児童手当廃止によるマイナス12万円、子ども手当によってプラス62万4千円となり、収支計は42万8千円となります。


年収が500万円程度の世帯では、初年度はやはり同じで収支計は19万2千円になります。

2011年度は、配偶者控除廃止の影響はないので、扶養者控除廃止によりマイナス15万2千円、児童手当廃止によって12万円、子ども手当によってプラス62万4千円となり、収支計は35万2千円になります。


このシュミレーションを見てもらい、少しでも参考にしていただければ幸いです。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報