子ども手当 使い方

子ども手当の賢い使い方

ここでは、子ども手当の賢い使い方をご紹介しています。
学資保険や教育費、習い事、貯蓄、投資など様々な使い方をご紹介しています。
子ども手当の支給開始に伴い、その使い方に悩んでいる人やどうすれば子供にとって最適なのかをお考えの方に参考にしていただければ幸いです。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当の賢い使い方エントリー一覧

学資保険で将来に備えよう
6月から支給開始された「子ども手当」ですが、使い道は決まっていますか?「子ども手当」は、子供のために使うことを目的に支給されていますが、使い方は各家庭に委ねられており、使い道に悩む人もいると思います。そこで、ここで提案させていただくのは、「こども手当」を学資保険で将来に備える使い方です。すでに学資保険をかけている人にも、そうでない人にも参考にしていただければ幸いです。子供が生まれると学資保険の加入を検討する人は多いと思います。実際に我が家には、3人の子供がいますが、それぞれが生まれるたびに学資保...
子供の右脳を活性化させよう
「子ども手当」の支給が開始されましたが、使い道はお決まりでしょうか?「子ども手当」は、子供のために使うことを目的として支給されていますので、子供のために有意義に使いたいですよね。そこでここでおすすめしたいのが、「子ども手当」を「子供の右脳を活性化させる」ために使うというものです。では、さっそくご紹介しましょう。「右脳を活性化させる?」誰もがそう思うのではないでしょうか?「右脳を活性化させる」と子供の可能性が大きく広がります。では、「右脳を活性化させる」と子どもにとってどういう点でメリットがあるの...
英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
「子ども手当」の支給が始まり、その使い道を教育費に充てようと思っている人も多いのではないでしょうか?「子ども手当」の支給額は、1ヶ月13000円なので、様々な習い事や塾などの費用に十分な額だと思います。様々な習い事がありますが、中でも人気があるのが、英語関連の習い事です。最近では、英語を小さいうちから身につけさせておきたいと考える親御さんが多く、また、国際化の現代では、必要不可欠な言語になりつつあります。そこで、「子ども手当」の使い道の一つとして「英語でコミュニケーションできる子を育てる」ことを...
将来のために堅実に貯金しよう
「子ども手当」の支給が始まり、その使い道をいろいろ考えていることと思います。教育費に充てたり、子供が希望する物を購入したり、家族みんなで楽しめることに使ったりするなど、家庭によってその使い道は様々だと思います。「子ども手当」は、子供のために使うことを目的としているので、それもいいと思いますが、ここでおすすめするのが、子供の将来のために堅実に貯金しておくことです。「子ども手当」の使い道は、子供のためであれば、私はどういったものでもいいと思っていますが、ここで注目したいのは、「子ども手当」がいつまで...
積立長期投資で資産運用しよう
ここでご紹介する「子ども手当」の使い方は、「積立長期投資で資産運用」する方法です。「子ども手当」の使い方がまだ決まっていない人や、どうするのが子供にとって一番良いのか、お悩みの方にぜひ参考にしていただきたいと思います。「積立長期投資で資産運用」と聞いて、「難しそう」「リスクが高そう」などと思う人も多いと思います。「投資で資産運用するより、堅実に貯金したほうがいい」とお考えの方もきっと多いと思います。確かに、学資保険や銀行などへの貯金の方は、預入した額がそのまま貯金されていきますが、金利はほとんど...

子ども手当関連情報