子ども手当 英語

英語でコミュニケーション出来る子を育てよう

英語でコミュニケーション出来る子を育てよう「子ども手当」の支給が始まり、その使い道を教育費に充てようと思っている人も多いのではないでしょうか?

「子ども手当」の支給額は、1ヶ月13000円なので、様々な習い事や塾などの費用に十分な額だと思います。

様々な習い事がありますが、中でも人気があるのが、英語関連の習い事です。
最近では、英語を小さいうちから身につけさせておきたいと考える親御さんが多く、また、国際化の現代では、必要不可欠な言語になりつつあります。

そこで、「子ども手当」の使い道の一つとして「英語でコミュニケーションできる子を育てる」ことをご提案したいと思います。


「英語でコミュニケーション出来る子を育てる」には、本場の英語に触れさせることが重要です。
いくら、本を読んでも、スペルを覚えても、それだけでは、コミュニケーション能力を培うことはできません。

例えば、私たちが言葉を覚えるときは、まず耳から覚えますよね。
それは、英語も同じです。

まず、耳から英語に慣れることが必要なのです。
えいごであそぼプラネットそこでおすすめなのが「えいごであそぼプラネット」です。

「えいごであそぼプラネット」は、NHK教育でおなじみの「えいごであそぼ」から生まれた幼児英語教育セット教材です。

子供たちが大好きなキャラクターであるモッチやケボと一緒に楽しく英語が学べる教材になります。

五感を使いながら英語が学べる教材で、遊びながら英語のコミュニケーション能力を高めていきます。

UPやDOWNなど対比で覚える「キーワード方式」と子供がすぐ覚える「会話表現」、基本の「アルファベット」「色・形・数字」「物の名前」の三層カリキュラムで、効果的に楽しく英語を身につけていきます。

コースは3つにわかれており、CDやDVDなど、映像や音楽がいっぱいの0〜4歳向けの「モッチコース」43940円、音の出るペンを中心に自らの好奇心で英語を楽しむ3〜6歳向けの「ケボコース」47090円、モッチコースとケボコースが一緒になった「セットコース」76880円です。

価格だけ見ると「高い」と思う人もいるかもしれませんが、英会話教室に通ったり、他社の英語教材と比較してみると、かなりお安くなっています

今なら、2010年7月31日(土)まで「子ども手当もっと応援キャンペーン」を実施中で、セットコースの申込みでなんと13,000円も値引きがあります。

今だけのお得なキャンペーンですので、この機会にぜひ「えいごであそぼプラネット」を購入してみてはいかがでしょうか。

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報