子ども手当 学資保険

学資保険で将来に備えよう

学資保険で将来に備えよう6月から支給開始された「子ども手当」ですが、使い道は決まっていますか?

「子ども手当」は、子供のために使うことを目的に支給されていますが、使い方は各家庭に委ねられており、使い道に悩む人もいると思います。

そこで、ここで提案させていただくのは、「こども手当」を学資保険で将来に備える使い方です。

すでに学資保険をかけている人にも、そうでない人にも参考にしていただければ幸いです。


子供が生まれると学資保険の加入を検討する人は多いと思います。

実際に我が家には、3人の子供がいますが、それぞれが生まれるたびに学資保険の検討をしてきました。

子供が成長するにしたがって、学費などの教育資金がかなり必要になってきます。
その時に困らない備えとして学資保険があるのです。


親ならだれでも、将来、子供が希望する学校に入れてあげたいと思いますよね。
そんな時に、「お金が・・・」とお金の心配をしたり、希望の進学先を諦めさせたりしないためにも、学資保険で堅実に貯めておく必要があるのです。

簡単に学資保険のメリットをご紹介しておきます。
【学資保険のメリット】

1.確実に貯蓄することが可能・・・貯蓄が苦手な人でも確実に貯蓄をすることができ、一定の教育資金を確保することができる
2.保険料が免除される・・・契約者が高度障害状態や死亡時は、それ以降の保険料の支払いが免除される
また、子供が保険の満期を迎えた場合や、それ以前に死亡 した場合でも必ず死亡保険金を受け取ることができる
3.特約付加・・・主契約に付加することができる特約が充実しており、学資保険の積立をしながら、医療保障なども充実させることができる
4.解約返戻金・・・支払いが困難になった場合や保険が必要ではなくなった場合、解約返戻金が支払われる
5.契約者貸付制度・・・解約返戻金の一定範囲内の割合で(8割〜9割)の金額を限度に加入している保険会社から理由を問わずにお金を借りることができる
面倒な手続きや審査の必要もなし

上記に挙げた点から見ても学資保険がいかに魅力的がおわかりいただけると思います。
同じ金額を貯金しても銀行ではさほど利子はつきませんが、学資保険なら満期時に、払った金額より多く支払われるので、かなりお得です。


学資保険市場
例えば、「学資保険市場」では、子どもの年齢・性別を入力する事で、7社の保険会社から保険料の試算が行えます。
もちろん、気になる保険会社の一括資料請求が無料で行えますので、学資保険を検討するきっかけに最適ではないでしょうか?

お子さんの将来のために、「子ども手当」を学資保険で備えておきませんか?

7社で一括試算!「学資保険市場」で学資保険を比べる

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報