子ども手当 右脳

子供の右脳を活性化させよう

子供の右脳を活性化させよう「子ども手当」の支給が開始されましたが、使い道はお決まりでしょうか?

「子ども手当」は、子供のために使うことを目的として支給されていますので、子供のために有意義に使いたいですよね。

そこでここでおすすめしたいのが、「子ども手当」を「子供の右脳を活性化させる」ために使うというものです。

では、さっそくご紹介しましょう。


「右脳を活性化させる?」誰もがそう思うのではないでしょうか?

「右脳を活性化させる」と子供の可能性が大きく広がります。
では、「右脳を活性化させる」と子どもにとってどういう点でメリットがあるのかわかりやすくご説明したいと思います。


人間の脳は、右脳と左脳に分かれており、それぞれが対照的な働きをすることによって一つの作業を効率よく行うことができるのですが、普段私たちは、左脳を多く使っているとされています。

言葉を話したり、計算したり、耳で声を理解したりなど、左脳を無意識に使っていることが多いのです。

それに比べて右脳は、イメージ力や直感力、芸術性、感受性などをつかさどっています。
つまり、この右脳を活性化させることによって、学習能力や直感力、感受性など能力を開花させることが可能というわけです。

それを低年齢から行うことによって、未知数の可能性が広がっていくのです。


しかし、左脳に比べて右脳は、意識的にトレーニングする必要があります。
最近では、様々な右脳トレーニング法があり、継続する必要がありますが、効果的に右脳を活性化させることが可能です。
七田式家庭学習システムそこでおすすめなのが「七田式家庭学習システム」です。

「七田式家庭学習システム」は、右脳と左脳の力を100%引き出す学習法です。

2歳〜6歳までの子供が対象で、その年齢に合わせて効果的に右脳を活性化させることができます。

この教材では、「絶対音感」「イメージ力」「瞬間記憶力」「高速計算力」「インスピレーション力」の5つの右脳を力を活性化させます。

「七田式家庭学習システム」は、右脳の力をぐんぐん伸ばし、秘められている子供の能力を最大限に引き伸ばしてくれる学習法です。

教材は、毎月1回送られてきて、全12回で修了のプログラムです。
価格は、1ヶ月4095円ですので、「子ども手当」の支給額の範囲内で学習することができます。


「子ども手当」を子供の塾などの教育費に充てたいとお考えの人は、ぜひ一度「七田式家庭学習システム」を考えてみませんか?

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報