子ども手当 貯金

将来のために堅実に貯金しよう

将来のために堅実に貯金しよう「子ども手当」の支給が始まり、その使い道をいろいろ考えていることと思います。

教育費に充てたり、子供が希望する物を購入したり、家族みんなで楽しめることに使ったりするなど、家庭によってその使い道は様々だと思います。

「子ども手当」は、子供のために使うことを目的としているので、それもいいと思いますが、ここでおすすめするのが、子供の将来のために堅実に貯金しておくことです。


「子ども手当」の使い道は、子供のためであれば、私はどういったものでもいいと思っていますが、ここで注目したいのは、「子ども手当」がいつまで支給されるのか?ということです。

中学生以下のお子さんがいる家庭では、「子ども手当」の支給が開始されて、嬉しいと思う反面、不安要素もたくさんあると思います。

実際に我が家には3人の子供がいて、これから教育費などがかかってくるので支給は嬉しいですが、その反面「すぐ支給が終了するのではないか」「このしわ寄せがどこかにくるのではないか」など多くの不安があり、手放しでは喜べません。

そのため、今のところ、子供たちが小さいということもありますが、支給された「子ども手当」は、子供達の将来のために貯金しようと思っています。

しかし、今の銀行の金利は非常に低く、貯金してもほとんど利子は期待できません。
そこでおすすめなのが、ネット銀行に預ける方法です。

ネット銀行は、一般の銀行より利率が高く、さらにキャンペーンなどを行っている時は、さらにお得な利率に設定されています。
そのキャンペーンを利用して、定期預金すれば、かなりお得に貯金することができます。

ではいくつかおすすめのネット銀行をご紹介します。
【おすすめのネット銀行】

楽天銀行(旧イーバンク銀行)●楽天銀行(旧イーバンク銀行)
・普通預金金利0.05%ですが、定期金利は、預入額や預入期間によって異なり、0.04%〜0.41%
・様々なキャンペーンも行っており、元本保証で1〜5年で金利が1.05%、6〜10年で1,50%になる特別金利での定期預金ができるなど、かなりお得
楽天市場を利用している人は、ポイントも貯まるなど、様々なメリットも多い



住信SBI銀行●住信SBI銀行
・普通預金金利0.06%、定期金利は、預入額や預入期間によって異なり、0.064%〜0.477%
度々様々なキャンペーンを行っており、1年定期の金利が0.83%、3年で0.9%、5年で1.0%などがあり、かなりお得



ジャパンネット銀行●ジャパンネット銀行
・普通預金0.06%〜0.1%、定期金利は預入額や期間によって異なり、0.09%〜0.62%



上記にご紹介したネット銀行は、金利だけでなく、利便性も高く、また、様々なキャンペーンを行っているので、そういう時期を狙って普通預金を定期預金にすると、かなりお得に貯金することができます。


「子ども手当」を子供の将来のために貯金しようと思っている人は、ネット銀行を利用してみてはいかがでしょうか?

子ども手当の賢い使い方ってないかなぁ?

もし、子ども手当を大切なお子さんのために有意義に使いたいと思っているなら・・・
賢い使い方をご提案します

将来の教育費などに備えておきたい 学資保険で将来に備えよう
子どもの持つ可能性を広げてあげたい 子供の右脳を活性化させよう
グローバルに活躍できる大人にしたい 英語でコミュニケーション出来る子を育てよう
使い道が決まるまで貯蓄しておきたい 将来のために堅実に貯金しよう
今のうちから積立運用しておきたい 積立長期投資で資産運用しよう

子ども手当関連情報